私はモモ

私は、白い柴犬のモモ。生まれた時は本当に可愛らしい真っ白な子犬でした。誰からも「まあ可愛い」と言われ、愛されてきました。今ではもう7歳になり「ソフトバンクのお父さん!」と呼ばれています。そんな私が見聞きしたことを、呟いてみたいのです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「私はモモ」 夏は大嫌い!


「私はモモ」今年の夏はとても暑いです。

とにかく、今年の夏はとても暑いです!

散歩好きのおじいさんは、毎日頭から汗がしたたり、いつもメガネを吹きながら歩いています。

私は口をあけながら、ハアハア暑い空気を吸って歩いています。これって、私には地獄です。

私は剛毛です。堅い毛の下に柔らかい毛が密集しています。春から冬毛が抜けだし、梅雨の終わりにやっと抜け切ったと思えば、たちまち新しい毛が生え始めました。

もう、真夏に毛皮を着ているのです。これでも夏毛なのでしょうか?私はとても暑いのです。

おじいさんは、毎回散歩にはペットボトルに水を入れて出かけます。私のオシッコを水で流すためです。

私は大変幸せだと感じています。だって、そこまでしてくれる飼い主さんはあまり見かけないもの・・・。
私はシッポを振っておじいさんの顔を見ます。おじいさんはいつも頭を撫でてくれます。

それが、私が口をあけてハアハアと喘ぎながら歩いていると、突然ペットボトルの水を私の体にかけてきました。
突然のことで何が起こったのか私は逃げ回りました。

それから、私は水に恐怖を覚えます。

おばあさんは、そんな私を見て、「朝はお日様の出ない間に出かけましょう」って言ってくれました。
毎朝5時に起きて私を散歩に連れて行ってくれます。
とても気持ちのよい散歩が出来るようになりました。

でもね、私は夏が大嫌いだ!




スポンサーサイト

テーマ:ちょっと聞いて - ジャンル:ブログ

  1. 2010/09/05(日) 15:51:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。