FC2ブログ

私はモモ

私は、白い柴犬のモモ。生まれた時は本当に可愛らしい真っ白な子犬でした。誰からも「まあ可愛い」と言われ、愛されてきました。今ではもう7歳になり「ソフトバンクのお父さん!」と呼ばれています。そんな私が見聞きしたことを、呟いてみたいのです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「私はモモ」 自由が大好き!

momo・003_convert_20100912203508
凛々しいでしょ

ペット・ショップから、今のおじいさん、おばあさんの家に来た時、私には小さなゲージが用意されていました。

しかし、私はこのゲージには馴染めませんでした。

だって、昼間はおじいさんと、おばあさんと一緒に自由に部屋の中を走り回っていたのです。

それが、夜になるとこの小さなゲージに閉じ込められるのですから。

ゲージをガリガリ、ウー、ワンワンと激しく抗議すれども、おじいさんとおばあさんは知らんふりをします。
「私は愛されてないのかな?」と思いながら、諦めて眠ってしまいます。

朝になるとゲージから出され、ひとしきり私の顔を撫でまわすのです。
「私は愛されているんだ」と部屋を駆け回るのでした。

ある時、以前のお医者様のところへ連れて行かれ、また、注射を打たれました。

ガタガタ震え、診察台の上を動き回ったら、「我が儘に育てられているな」と言われました。

「しつけ教室に入れなさい」と注意を受けました。

「しつけ教室」って何故あるのだろう。

リードを短く持って、おばあさんより前には歩けない。
他にも色々教えられましたが、私は大嫌いです。

歩くときは、もっと自由に歩きたい!

犬ってそうでしょ?
スポンサーサイト

テーマ:ちょっと聞いて - ジャンル:ブログ

  1. 2010/08/24(火) 09:58:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「私はモモ」 長いリード | ホーム | 「私はモモ」 怖い注射>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gunseinotomo.blog103.fc2.com/tb.php/5-bff84ecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。